ハワイ・クリーパー

Hawaiʻi Creeper (Manucerthia mana)

ハワイ・クリーパー(Manucerthia mana) ハワイ・クリーパー(Manucerthia mana)

ハワイ島のコアオーヒア・レフアの森にすむ、オリーブ色のハワイミツスイ。生息域は限られており、個体数は少ない。絶滅危惧種。

日本語名
ハワイ語名
英語名 Hawaiʻi Creeper
学名 Manucerthia mana
分類 アトリ科(Fringillidae)
その他 ハワイ島固有種(endemic)
絶滅危惧種(endangered)

分布

E

ハワイ島固有種。生息域はマウナ・ロア(Mauna Loa)、マウナ・ケア(Mauna Kea)、フアラーライ(Hualālai)の標高1,370m以上に限られる。

形態

全長11cm。オスのほうがやや体の色が明るい。上面は灰色がかったオリーブ色、下面は淡い色で、喉の部分は白色。目の周りに黒班がある。くちばしはわずかに下にカーブしている。くちばしと足は灰色。尾は短い。未成鳥には目の周りの黒班がなく、眉班と眼先が白い。

ハワイ・アマキヒのメスや未成鳥に似ている【写真1】。アマキヒはくちばしがもっと大きくカーブしていて、喉の白色がない。また、ハワイ・クリーパーは目の周り全体が黒色で、アライグマを彷彿させるのに対して、アマキヒは目先のみが黒い。

ハワイ・アマキヒ
【写真1】ハワイ・アマキヒ(メス)

鳴き声

さえずりはソフトで、音程がさがってゆくビブラートを、3~6回繰り返す。ビブラートの間隔はアマキヒやアーケパよりも早く、やや乾いた声である。音程が一定の場合もある。アマキヒのさえずりは、ハワイ・クリーパーよりも音量があり、音程が下がることは少ない。

地鳴きは、乾いた小さな音で音程が上がる短いスラーの「ウィー」や「チー」。幼鳥は餌乞いのときに「チチチ」と繰り返して鳴く。

生態

ゴジュウカラのように樹の幹に縦にとまって上下に歩き回り、幹、枝、葉の茂みのなかにいるクモ、甲虫類、幼虫などを探して食べる。まれに花蜜を吸うこともある。単独でいることが多いが、繁殖期以外には、アマキヒ、アーケパ、アキアポーラーアウ(カワリカマハシハワイミツスイ)などの他種と小さな混群を作ることがある。

繁殖期は1月から5月で、まれに6月まで続く。大きな木の空洞部分や群葉に椀型の巣を作り、2個の卵を産む。

名前の由来

どういうわけか、本種のハワイ語名はない。アマキヒに似ているので、ハワイ人は2種を区別しなかったのだろうか。

クリーパー

英語のcreepは、「這う」や「コソコソと歩く」などの意味がある動詞。Creeperで「這う人」や「コソコソと歩く人」という意味になり、鳥としてはキバシリ類のことを指す名称である。

ハワイにキバシリ類は生息していないが、キバシリのように木の幹や枝を這うような姿勢で餌を探すハワイミツスイ類は、本種以外にもそれぞれ島ごとの固有種がいる、あるいはいた。それぞれ、生息する島の名前を冠してカウアイ・クリーパー(アキキキ)、オアフ・クリーパー(オアフ・アラウアヒオ)、モロカイ・クリーパー(カーカーワヒエ)、マウイ・クリーパー(マウイ・アラウアヒオ)と呼ばれる。

それらのうち、オアフ・クリーパーとモロカイ・クリーパーは、絶滅したと考えられている。マウイ・クリーパーは、ラーナイ島にも生息していたが、現在ラーナイ島の個体群は絶滅したとされる。

マウイ・アラウアヒオ(マウイ・クリーパー)

関連記事

マウイ・アラウアヒオ(マウイ・クリーパー)

ハワイの野鳥

ハワイ・アマキヒ

関連記事

ハワイ・アマキヒ

ハワイの野鳥

作成日: