アラエ・ウラ(バン)

ʻAlae ʻula (Gallinula chloropus sandvichensis)

アラエ・ウラ(バン、Gallinula chloropus sandvichensis) アラエ・ウラ(バン、Gallinula chloropus sandvichensis)

北アメリカやユーラシア大陸に生息するバンの亜種。

日本語名 バン(鷭)
ハワイ語名 ʻAlae ʻula、ʻAlae
英語名 Common Moorhen, Hawaiian Gallinule
学名 Gallinula chloropus sandvichensis
分類 クイナ科(Rallidae)
その他 ハワイ固有亜種(endemic subspecies)
絶滅危惧種(endangered)

分布

E

バンは、オーストラリア区以外の温帯から熱帯にかけて世界中に分布する。太平洋の島々では、パラオ、マリアナ諸島、そしてハワイ諸島に分布する。ハワイの個体群は固有亜種に分類され、カウアイ島とオアフ島に生息する。以前はマウイ島、モロカイ島、ハワイ島にも生息していたという。これらの島々では放鳥が試みられたが、ことごとく失敗したという。

形態

全長33cm。オスとメスは同じ色。体全体が濃い灰色。体の横側と尾に白い縞があり、横側の縞は白い点線のようにみえる。額とくちばしの根元は鮮やかな赤色。くちばしの先は黄色で尖っている。くちばしはニワトリのそれに似ている。足は黄色でとても大きい。踵(かかと)の上は赤色で、まるで赤いガーター(靴下留め)をつけているようにみえる。未成鳥は緑色がかった茶色で、くちばしと足はくすんだ色。

鳴き声

「ケッ、ケッ、ケッ、ケッ」や「ケケケッ」と鳴く。ハワイには、くちばしと額板が白いアラエ・ケオケオというバンもいて、生息地を共有している。鳴き声も似ているが、アラエ・ケオケオの鳴き声よりも本種の鳴き声のほうが音がシャープで音程が高い。本種の鳴き声は、凶兆と信じられている。日本では笑い声に例えられ、「鷭の笑い」と言われる。

生態

湖沼、湿地、貯水池、養殖池、カロ(タロイモ)畑などに生息する。軟体動物、水生植物、草を食べる。主に葦の上に巣を作り、6~9個の卵を産む。卵は22日で孵化する。

アラエ・ケオケオよりも警戒心が強い。アラエ・ケオケオは、開けた水域に浮かんで泳ぐ姿がよくみられるのに対して、本種は草の中にいたり、水辺の茂みをひっそりと歩いていることが多い。ただし、泳ぐことがまったくないわけではなく、むしろ水面をたくみに泳ぐことができる。

アラエ・ウラ(バン)
【写真1】泳ぐアラエ・ウラ

名前の由来

属名のGallinulaは、「小さなメンドリ」という意味。種小名のchloropusは、「緑色の足の」という意味。

ハワイ語のアラエ(ʻalae)は、バン(鷭)の総称だが、一般的には本種のことを指す。ただし、アラエ・ケオケオのことを「ʻalae bird」呼ぶハワイの住民も多い。ウラ(ʻula)は赤という意味。本種のもっとも目立つ特徴である、真っ赤なくちばしと額板に由来する。ケオケオ(keʻokeʻo)は白という意味で、つまり、アラエ・ウラは「赤い鷭」、アラエ・ケオケオは「白い鷭」となる。

アラエは、ハワイの地名にも見られる。例えば、ホノルル市内のワイアラエ(Waiʻalae)という地名は、直訳すると「水鷭」という意味になる。

イヴァ(グンカンドリ)

関連記事

ハワイの地名:鳥名がつく地名

筆者ブログ『Hayaloha』

絶滅の危機

絶滅危惧種に指定されている。1982年のState Division of Forestry and Wildlifeによる調査では、カウアイとオアフの両島あわせてわずか194羽の生息しか確認されていない。前記の通り警戒心が強く、生態が未だ謎に包まれているため、今日のはっきりとした生息数はわかっていないという。外来の肉食哺乳類が深刻な天敵となっている。

火の鳥伝説

アラエ・ウラには、火をハワイの人々にもたらしたという伝説がある。マウイ島のアラエ・ウラが、人々が火の存在を知らないことを哀れに思い、神々の聖地から燃える枝を口にくわえてマウイ島に持ち帰り、人々に渡した。そのときに、白色だったくちばしと額が火で燃えてしまい、今もそうであるように真っ赤になったという。

ほかに、アラエ・ウラが火の起し方を人間に教えるという伝説もある。本種の真っ赤なくちばしと額を見て、古代ハワイ人は火を連想したようである。一部のハワイ人は、本種をアウマクア(ʻaumakua、守り神)と考えていた。

アラエ・ケオケオ(ハワイオオバン)

関連記事

アラエ・ケオケオ(ハワイオオバン)

ハワイの野鳥

作成日: