ノイオ(ヒメクロアジサシ)

Noio (Anous minutus melanogenys)

ノイオ(ヒメクロアジサシ、Anous minutus melanogenys)
日本語名 ヒメクロアジサシ(姫黒鰺刺)
ハワイ語名 Noio、ʻEkiʻeki、Laehina
英語名 Black Noddy、Hawaiian Noddy
学名 Anous minutus melanogenys
分類 カモメ科(Laridae)
その他 ハワイ固有亜種(endemic subspecies)

分布

E

大西洋と太平洋の熱帯の島々で繁殖する。南東ハワイ諸島にすむ個体群は亜種(melanogenys)とされ、ハワイの主要な島々に年中住む。将来、研究が進むと別種として分類される可能性があるという。

形態

全長38cm。体は黒褐色。クロアジサシ(Anous stolidus)に似ているが、本種のほうがより小型で、体の色が濃く、くちばしが細くて長い。頭は後ろの部分まで白色。尾は灰色。ハワイの亜種は足がオレンジ色だが、北西ハワイ諸島を含めた他の地域の個体群は足が黒色。未成鳥は尾が黒く、頭頂部の白色の部分がはっきりと区別できる。

生態

海岸近くに住み、魚、甲殻類、イカなどを食べる。繁殖期は変動するが、多くは春の終わり頃に営巣を始める。ハワイの亜種は、主に岸壁の洞窟や棚に営巣する。その他の地域では主に木に営巣する。

作成日: