コーピコ

Kōpiko (Psychotria spp.)

コーピコ(Psychotria hathewayi)

コーヒーなどが属するアカネ科の高木または低木。全部で11種あり、ハワイ語ではすべてコーピコと呼ばれる。ハワイ島ではオーピコ(ʻōpiko)とも呼ばれる。

日本語名
ハワイ語名 kōpiko、ʻōpiko(ハワイ島)
英語名
学名 Psychotria fauriei
Psychotria grandiflora
Psychotria greenwelliae
Psychotria hathewayi
Psychotria hawaiiensis
Psychotria hexandra
Psychotria hobdyi
Psychotria kaduana
Psychotria mariniana
Psychotria mauiensis
Psychotria wawrae
分類 アカネ科 (Rubiaceae) ボチョウジ属(Psychotria)
その他 ハワイ固有種(endemic)

分布

E

11種すべてハワイ固有種。主要6島でみられるが、種によって分布する島は異なる。4種はカウアイ島のみに、2種はオアフ島のみに分布する。種ごとの分布は『特徴』の項で書く。

特徴

一般的に、葉は光沢がある楕円形で、先端は尖っている。花は小さく、白い星型。花弁は4~5枚。花がつく茎は十字状に広がり、アメリカの子供のおもちゃ「ジャックス」を彷彿させる。この花の部分のジャックスのような特徴的な形はコーピコにしかないので、一度認識すれば他の植物と混同することはない。果実は洋梨型、球形、または楕円形、オレンジ色でコーヒーの実に似ている。生育環境によって様々な形態がみられる種も多い。

1. Psychotria fauriei

オアフ島固有種。高さ3~5mの低木もしくは小高木。コオラウ山脈(Koʻolau Range)の、風がよくあたる標高520〜860mの山頂や尾根近くに生育する。

2. Psychotria grandiflora

カウアイ島固有種。最大で5mになる低木もしくは小高木。コーケエ(Kōkeʻe)とアラカイ湿原(Alakaʻi Swamp)の、標高1,040〜1,230mの湿潤な森に生育する。

3. Psychotria greenwelliae

カウアイ島固有種。高さ5mになる小高木。コーケエ地区の、標高610~1,280mの湿潤な森に生育する。

4. Psychotria hathewayi

Psychotria hathewayi
【写真1】Psychotria hathewayi

オアフ島固有種。高さ8mになる小高木。ワイアナエ山脈(Waiʻanae Range)の標高360〜940mの湿潤な森に生育する。ときには乾燥した森でもみられる。2つの変種がある。【写真1】

5. Psychotria hawaiiensis

樹高12mになる高木。モロカイ島、マウイ島、ハワイ島の標高150〜1,590mの湿潤な森に生育する。特にハワイ島に多い。ときには乾燥した森でもみられる。3つの変種がある。コーピコ・ウラ(kōpiko ʻula)とも呼ばれる。

6. Psychotria hexandra

高さ6mになる低木または小高木。カウアイ島とオアフ島の標高360〜1,250mの湿潤な森に生育する。Psychotria hexandra subsp. hexandraPsychotria hexandra subsp. oahuensisのふたつの亜種があり、両亜種ともさらにそれぞれ3つの変種に分けられる。

7. Psychotria hobdyi

カウアイ島固有種。高さ8mになる高木。標高600〜610mのごく限られた湿潤な森に生育するが、数は少ない。

8. Psychotria kaduana

Psychotria kaduana
【写真2】Psychotria kaduana | Photo by Forest & Kim Starr

高さ2〜4mの低木。ハワイ島を除いた主要6島に分布する。標高180〜1,220mの湿潤な谷や森に生育する。コーピコの中ではもっとも分布域が広いが、生育環境によって形態は様々。コーピコ・ケア(kōpiko kea)とも呼ばれる。【写真2】

9. Psychotria mariniana

Psychotria mariniana
【写真3】Psychotria mariniana | Photo by Forest & Kim Starr

まれに樹高20mに達することもある高木。ハワイ島を除いた主要6島に分布する。標高180〜1,220mの湿潤な森に生育する。場所によって形態が異なる。【写真3】

10. Psychotria mauiensis

高さ4mまでの低木だったり、12mに達する高木だったりと、生育する場所によって形態は著しく異なる。葉の形や大きさや花の大きさなども様々。オアフ島を除いた主要6島に分布する。標高215〜1,470mの湿潤な森に生育する。

11. Psychotria wawrae

カウアイ島固有種。高さ5mになる小高木。カウアイ島東部の、標高120~850mの湿潤な森に生育する。

ボチョウジ属

コーピコが属するボチョウジ属(Psychotria)は、1,500種以上からなる大きな属で、熱帯地方に広く分布する。ハワイでコーピコと呼ばれる11種の固有種は、大昔にハワイに定着した2種から分化したものと考えられている。

ピコ

葉の裏側の主脈と側脈がつながるところに、小さな点状のくぼみのような腺がいくつかある。この腺は、ハワイ語でピコ(piko)とよばれる。ピコはへそという意味で、名前の由来になっている。ピコは、よく目立つが、種によってはとても小さかったり、まったく見られなかったりもする。

利用

昔のハワイ人は、コーピコの木材でカパを打つときの作業台を作ったり、薪木に使ったりした。いくつかの種は丈夫な材木になりうるが、反りやすく、加工するには小さすぎるという欠点があるため、盛んに利用されることはなかったようだ。

作成日: