ゴールドツリー

Gold tree (Tabebuia donnell-smithii)

ゴールドツリー(Tabebuia donnell-smithii) ゴールドツリー(Tabebuia donnell-smithii) ゴールドツリー(Tabebuia donnell-smithii) ゴールドツリー(Tabebuia donnell-smithii) ゴールドツリー(Tabebuia donnell-smithii)

南アメリカと中央アメリカ原産の高木。黄色い花が満開のときには、まるで木が黄金色に輝いているようでとても目立つ。

日本語名
ハワイ語名
英語名 gold tree、primavera
学名 Tabebuia donnell-smithii (Roseodendron donnell-smithii)
分類 ノウゼンカズラ科(Bignoniaceae)
その他 外来種(alien)

分布

A

ハワイでは、フォスター植物園(Foster Botanical Garden)に植えられたものが最初。街路樹としてホノルル、カウアイ島のリーフエ(Līhuʻe)、マウイ島のラハイナ(Lahaina)などに植えられている。雨が少ないリーワード(leeward、貿易風の風下側)で特に多い。

特徴

樹高は約25mの高木。葉は、5~7枚の小葉からなる複葉が、掌状に広がる。花は、明るい黄色で、ラッパのような形をしている。花期は2~6月。花が咲いている時期は、葉をほとんどつけない。花は、葉がでるまで数週間咲き続ける。果実は、マメ科の豆果のような細長い蒴果。樹皮は明るい灰色。

青と黄のコントラスト

幹は天に向かって真っ直ぐ伸び、枝は高い位置で生えるため、木を下から見上げる場合が多い。そのため、晴れることが多いリーワードの澄んだ青空と、明るい黄色の花とのコントラストが美しい【写真1】。

ゴールドツリー
【写真1】ハワイの青い空に映えるゴールドツリーの黄色い花

シルバートランペットツリーとの違い

本種と同じノウゼンカズラ科で、本種よりもハワイで多く見られるシルバートランペットツリーとよく似ているため、混同されることが多い。本種の花は長さ約4cmなのに対して、シルバートランペットツリーの花は長さが5~7cmとやや大きい。また、ゴールドツリーのほうが樹皮の色が明るく、シルバートランペットツリーは葉が銀色がかっている点でも違う。

作成日: