ハウ(オオハマボウ)

Hau (Hibiscus tiliaceus)

ハウ(オオハマボウ、Hibiscus tiliaceus) ハウ(オオハマボウ、Hibiscus tiliaceus)

明るい黄色の花をつけるハイビスカスの仲間。ニューオータニカイマナビーチホテルの一階にある、ビーチ沿いのオープンテラスが人気のレストラン『ハウツリーラナイ』の“ハウツリー”といえば、わかる方も多いだろう。

日本語名 オオハマボウ(大浜朴)、ユウナ(右納)、ヤマアサ
ハワイ語名 hau
英語名
学名 Hibiscus tiliaceus
分類 アオイ科(Malvaceae)フヨウ属(Hibiscus)
その他 在来種かポリネシアン移入種か不明

分布

U

世界中の熱帯から亜熱帯の、特に海岸沿いに分布する。ハワイでは主要6島すべてでみられ、海岸から標高300mの湿った場所に生育する。海沿いや河口などで特に多い。北西ハワイ諸島のミッドウェー島とフレンチ・フリゲート礁にも生育する。

特徴

樹高2~10mの低木または小高木。たくさんの枝がしげり、枝はほぼ水平に伸びる。それらの枝はたがいに交差してはびこり、人が通れないほどの深い茂みを形成することが多い。葉は長さ8~20cmのハート形。葉の表側はつるつるとしているが、裏側は毛で覆われているためビロードのような手触りがある。花は明るい黄色で、中央部は濃い赤茶色。朝に咲き、夕方にはオレンジ~赤色に変色してしぼみ、翌朝には落花する。ハイビスカスと同じように、5枚の大きな花弁と中央から突き出た蕊柱*がある。果実(蒴果)は茶色で長さ1.3~2.8cm。

*ずいちゅう。雄しべと雌しべが合着した棒状の器官。

利用

昔のハワイ人とって、たいへん利用価値の高い植物であった。ハウの木材は、アウトリガー・カヌーの円材、火おこし*、槍や手斧の柄、凧の骨組みなどに使われた。ハウ材は、軽くて強度に優れているという特徴がある。

*オロメアなどの硬い木の棒でハウの木材をこすって火をおこした。

また、ハウの木材はコルクの様に多孔性の軽い材質であるため、魚網の浮きに使われた。ハウ材の浮きは、何年間も浮力が落ちないという。最近まで多くの太平洋の島々では、プラスチックのものよりもハウで作った浮きが好んで使われていたそうである。

さらに、樹皮の内側からとれる繊維を加工して、多用途に使われる便利な紐や縄が作られた。これらは、水を入れるヒョウタンの取手、ラウハラで作ったかごの蓋を締める紐、カパの縫い紐、サンダルの紐、カヌーを作るために切り出したコアの木材を森から海まで引っ張る縄、弓の弦、投石器などに使われた。また、染料に浸したロープをカパに押し当てて、縄目の模様を布にデザインしたりしもした。花と樹皮は薬用にも使われた。

在来種? ポリネシアン移入種?

ハウは、元からハワイに自生していたのか、それとも古代ポリネシア人が有用植物として持ち込んだものなのか、現在でも不明だという。古代ポリネシア人がハワイに持ち込んだ、いわゆるカヌープラントと呼ばれる有用植物は、ククイニウ(ココヤシ)キーなど、当然どれも利用価値が高い。ハウも同じように、古代ハワイ人の暮らしの中で大変有用な植物であったことを考えると、カヌープラントであるような気もする。しかし、本種は海流に乗って広範囲に散らばりやすいタイプの植物であり、種子は数ヶ月間漂流した後でも発芽できることから考えると、自然にハワイに到達して定着したのかもしれない。

その他

一部のハワイ人にとって、ハウは、ポリネシアの神々直系の神聖な植物であったという。平民たちは、首長の許可を得ないと枝を切ることはできなかった。一日のわずかな時間しか咲くことがないハウの花の無情の美を、人生の儚さにかさねて、ハウに特別なシンパシーのようなものを感じて崇めたきたのだそうだ。

ハイビスカス)

関連記事

ハワイのハイビスカス(まとめ)

ハワイの花と植物

作成日: