タビビトノキ(トラベラーズツリー)

Traveler’s tree (Ravenala madagascariensis)

タビビトノキ(Ravenala madagascariensis) タビビトノキ(Ravenala madagascariensis)

バナナの葉に似た大きな葉が、巨大な団扇のように上方にアーチを広げた独特な姿をしている。成長は早く、大きなものでは高さ12mくらいになる。木の姿からヤシの木の仲間だと思われがちだが、バード・オブ・パラダイスと同じゴクラクチョウカ科に属し、バナナやヘリコニアなどの近縁である。

日本語名 タビビトノキ(旅人の木)、オウギバショウ(扇芭蕉)、リョジンボク(旅人木)
ハワイ語名
英語名 traveler’s tree、traveler’s palm
学名 Ravenala madagascariensis
分類 ゴクラクチョウカ科(Strelitziaceae)タビビトノキ属(Ravenala)
その他 外来種(alien)

分布

A

原産地はマダガスカル。ハワイでは観賞植物として人気があり、ショッピングセンター、ホテル、コンドミニアム、公園、民家の庭などに多く植えられている。

特徴

世界でももっとも大きな葉をもつ植物のひとつとされる。葉身は長さ2.7mほどになり、葉柄はさらに長い。新しい葉は中心部から古い葉を両外側に押し出すように生える。もっとも外側の古い葉はやがて萎れて落葉する。

名前の由来

葉柄の基部にたまる水を、旅人が飲んで喉の渇きを潤したというのが、名前の由来の一説となっている。また、本種は自然環境のなかでは扇状の葉が南北に広がるそうで、そのために旅人が方角を知るコンパスとなったためだという説もある。

作成日: