コーヒーノキ(アラビアコーヒー)

Arabian coffee (Coffea arabica)

コーヒーノキ(Coffea arabica) コーヒーノキ(Coffea arabica)

高さ2~5mくらいになる低木または小高木。葉は光沢があり、長さ7~20cm、幅3.5~7cm。花は白色で芳香がある。果実は赤色で長さ1.2~1.6cm、直径1~1.2cm。

日本語名 コーヒーノキ、アラビアコーヒー
ハワイ語名 kope
英語名 Arabian coffee
学名 Coffea arabica
分類 アカネ科(Rubiaceae)コーヒーノキ属(Coffea)
その他 外来種(alien)

分布

A

原産地はエチオピアとされる。古くから世界中の熱帯地域で栽培されている。ハワイには19世紀初頭に持ち込まれたとされている。広い地域で栽培され、19世紀半ばまでには湿潤な谷や川沿いなどで野生化した。現在でもハワイ島のリーワードを中心に栽培されている。

作成日: